大きくする 標準 小さくする

高山塾 塾生のブログ

H22年度権利擁護セミナー第2日目出張報告書(C氏)

投稿日時:2010/09/24(金) 23:40rss

今回のセミナーは、障害福祉関係事業所、施設の中堅職員を対象に権利擁護について再度見直
し、権利擁護を推進する為にグループで話し合っていくという、年4回組みの研修の第2回目で
した。グループで分かれて話し合いをして、15:30より途中報告を各グループ代表が行いました。
 私たちのグループは「利用者の自己決定とエンパワーメントを支援する」というものをテーマ
に話し合い、重度、自閉傾向の方に焦点をあてて「利用者のほっとするもの(趣味、活動)を
提供する」という目的のアセスメントシートを作成するという方向で話しあっています。また、
アセスメントシートの質問内容についての目的と説明を付け加えて、質問の意図がわかりやすく
なるようにしようという話し合いをしました。途中報告の結果、質問では「実際にどのような内
容の質問をするのか」「重度というのは具体的にどのような人か」等の意見があり、重度の定義は
具体化した方が良いのではないかという方向になりました。第3者が見てもわかるように、言わ
んとしていることがわかるようなアセスメントシート作成ができるようにしようということにな
りました。
 また、講師として参加されている高山教授より、「枠組からせめると人を決め付けることになる。
個別特有のサインがあると思うので、それを拾えるようなアセスメントシートが良いのでは。個
別から入ると良いのではないか。」というアドバイスも頂きました。グループでは、フローチャー
トのような様式も考えましたが、答えは無限であるという視点から、いろんな答えが出て、付け
加えられるようなシート作成を考えている為、個別から入るという点は、考えている方向とまた
ずれてくる為、再度話し合いをして決定することとなりました。
 他のグループは、昨年度に作成したアセスメントシートを実際に使用してみようという内容や、
自己決定の機会が少ないのではないかという考えからイベントをしようという話が出たりしてい
ましたが、途中報告により他の方から出た質問や高山教授のアドバイスをもとに再度、話し合い
をして練ることになっていました。

以上

トラックバック一覧

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
6dac12aa3826d0bd28903e36377b5c9d.png?1495763349
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: