大きくする 標準 小さくする

高山塾 塾生のブログ

H24年度権利擁護セミナー第2回目出張報告書 

投稿日時:2012/08/22(水) 19:07rss

 全4回のリーダー養成研修「権利擁護セミナー」の第一回目にスタッフとして参加してきま
した。これは横浜知的障害関連施設協議会研修委員会で主催した研修。日程は、
第一回    2012年7月24日、第二回  2012年8月22日、第三回2012年10月3日
第四回    2012年11月21日に加えて、発表会 2013年1月11日。全部で5回
あります。今回はその2回目。3つのチーム(A・B・C)に分かれて現場で使える権利擁護ツ
ールを作成することで、権利擁護について主体的にかかわりながら知識をより深めていきます。
わたしはCグループのアドバイザーとして参加。発表会は施設長会で実施します。
 今回の研修では、3チームに分かれて権利ツールについて議論。発表し先生のアドバイスを
もらいました。各チーム個性的な権利ツール作成の方向性が見えてきました。
 
 第1にAグループの権利ツールについて。「KenriYougo Yes・No Chart」をつくるとのこと。
Yes・No の権利擁護に関する選択で分岐したチャートをたどっていくと、職員のタイプ分けが
できるとのこと。目的は職員の気づきを促すもの。批評としては、職員タイプ分けの正当性・
気軽にできるが、継続性はない・2008年の権利ツール「エゴグラム」と似ているなどあった。

 第2にBグループの権利ツールについて。「傍観者にならないツール」をつくること。
対象は職員。現状認識として、「福祉サービスの質」を規定する「職員間の信頼」や「意識のズレ」
がかなりあるからとのことだった。原因として、「なぜ職員は傍観者になるのか?」「なぜ傍観者
が増えるのか?」「いじめの背景と類似する」「日本文化との関係性」など議論を通して背景を
さぐる必要があるとのこと。バロメーターとして、「職員間での利用者の呼び方」「職員間での
問題の多い保護者の呼び方」「職員感の派閥や仲良しグループが多いこと」がある

 第3にCグループの権利ツールについて。「自己決定強化ツール」をつくること。
「自己決定」は総合福祉法のテーマでもあるし、相談支援制度の改正が行われ、今までのように
個別支援計画がサービス提供事業所だけでは作れなくなる。他の機関と連携してケア会議を開
き作成するが、普段かかわりのない機関の人にいかに本人の意思決定を代弁(アドボカシー)
するか非常に難しい。方向性としては、本人の強い部分のみを書き出したパワーアセスメント
シートをつくったり、「好きな食べ物」を意思決定を促す絵カードなどをまずはつくっていく。
また背景として「なぜ利用者に選択させるのか?」「現状は利用者に選択させる環境が少ない。そ
の背景」など顕在化させて経験則だけでない理論背景をあぶり出しぶれない価値観を構築する。
次回Cグループの自主研修は2012年9月12日(水)18:30.-20:30 光風会地域支援室で実施
予定。
 
 また、正式な第三回研修は2012年10月3日にガッツビートで実施予定。以上

トラックバック一覧

この記事を書いたメンバー

コメント


テスト:昨日はお疲れ様でした。

Posted by 1A10 グループ at 2012/08/23 20:42:07+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
e68d1f4cb84e33c090652c131c57492e.png?1502983417
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: