大きくする 標準 小さくする

高山塾 塾生のブログ 2010/8

rss

H22年度権利擁護セミナー第1日目出張報告書(C氏)

 written by 高山 塾 投稿日時:2010/08/24(火) 23:59

今回のセミナーは、障害福祉関係事業所、施設の中堅職員を対象に権利擁護について再度見直

し、権利擁護を推進する為にグループで話し合っていくという、年4回組みの研修の第1回目で

した。最初に講師として東洋大学社会学部社会福祉学科教授の高山直樹氏の「権利擁護とは何か」

という講義を受け、終わりの方でグループに分かれて自己紹介をしました。講義について、資料

添付しますので、その補足で説明を受けた内容を中心にかいつまんで報告させて頂きます。

 権利擁護、権利侵害と良く聞きますが、権利とは何か。メディアで取り上げられた話題として

「参議院選挙の不正」があります。利用者へ対し「この人に投票するように。」と台詞まで練習を

させて投票する人を施設長が事前に操作していたものでした。これは自己決定、選ぶ権利の侵害

です。では、反対にどうしたらその権利を擁護できるのでしょうか。その例として、ある事例が

ありました。選挙に出る人が施設へ足を運び、「自分がこういう考えを持っていて、どのような理

由で立候補したのか、立候補したらどういうことをしたいと思っているのか」を分り易い言葉で、

利用者へ説明したというのです。その上で、利用者はその人に投票するかしないかを自分で決め

ることができる、これが自己決定、選ぶ権利を守ることだと言います。

 私達が知的障害者の人をどう思っているかで権利擁護は変わってくるとのことです。馬鹿にし

ていたり、逆に利用者に癒しを求めている、そういう人は権利擁護の視点からはアウトであると

言いました。支援員はパートや非常勤へのモデルになるべきであると。

 権利擁護の実践報告として、大田区立久が原福祉園の報告がありました。福祉園の「これ、ど

うなの?」と思う点を付箋に書いて職員各個人5件提案し、250件の「これ、どうなの?」を2

ヶ月かけて分類分析したそうです。取り組みによる変化としては、職員(意識が高まった)、利用

者(力を発揮できるようになった)、物理的環境(トイレの改善)に変化があったとのことでした。

詳細は資料を参照ください。

 最後に、中堅職員として業務をこなすうちに段々と権利擁護から離れていってしまうことがあ

るとのことです。それは、一生懸命職員が業務をこなせばこなすほど、利用者から離れていって

いるということらしいです。

 支援員は、利用者の一番の味方であるべき存在であることを忘れずに、専門職としての価値、

ぶれない価値(人間観、社会観)をチームで統一していくことが重要とのことです。自己決定で

きる構造というものは、ハード面のことを言っているのではないそうです。自己決定できない構

造から生まれるものは「あきらめ」「依存」等で、主体的なものを奪っていきます。「何が大事な

のか」ということを忘れてしまう。その度に確認していくことが大事であると。この確認を、チ

ームで考えるということがとても重要とのことです。また、施設をパラダイスにすることが利用

者の幸せではないということも忘れずに支援をしていってほしいと締めくくられました。

以上。

H22年度権利擁護セミナー第1日目出張報告書(B氏)

 written by 高山 塾 投稿日時:2010/08/24(火) 21:45

■1部:権利擁護とは何か  講師:高山直樹 氏 (東洋大学社会学部)
 結論としては、今の入所施設の現状は、利用する立場からすると最悪
の状況という現状認識が大切と感じました。理由は3つ。

 第一に、権利擁護の定義について。「その人がその人らしく生きるため
の欠かせない権利を擁護すること。」日本国憲法第13条に根拠としてました。

 第二に、今の日本の入所施設の現状はスウェーデンの30年前の精神病
院より悪いとのこと。これはスウェーデンのノーマライゼーションの権
威のB・ニーリエの日本の入所施設訪問の感想。その理由が、「利用者が
自己決定できない構造」だからだ。ほとんど自己決定できないから、
閉ざされた食堂の入り口に数時間前から並んでいるような状況が起こる
とのことでした。本施設でも当てはまり ゾッとしました。

 第三に、支援ツールについて。権利擁護の理念を理解したら、それを
具現化していくための第一歩として、支援ツールを作ることが大切との
ことでした。理念の理解で終わっていた今までの自分に、反省を覚えました。

■2部:大田区立久が原福祉園 権利擁護委員会実践報告
結論:支援ツールを実際の組織に役立てた実例。

東京で実施された権利擁護セミナーから、「権利擁護委員会」を立ち上げ
て実践している施設。本施設も「苦情解決委員会」と「Yネット推進委員会」
があるが、「権利擁護委員会」のように本質的にうまく機能していないと
感じました。

■3部:グループワーク
・自己紹介と今後のグループワークについて

・受講者を4グループに分かれて、そのうちの1グループのリーダーが
 私になりました。

・「痛快!高山塾 http://kenriken2007.d2.r-cms.jp/」を立ち上げて
 そこに各グループごとの掲示板をつくり、時間が取れなくても
 研修を進められるようにしました。
以上


H22年度権利擁護セミナー第1日目出張報告書(A氏)

 written by 高山 塾 投稿日時:2010/08/24(火) 20:57

内容:
■1部:権利擁護とは何か  講師:高山直樹 氏 (東洋大学社会学部)
・権利擁護を浸透させる為のツールが必要と考える。
 →権利擁護を学んでも実践するのが難しい。(個だけのことではないので)

・ネットワークを広げる為に同ツールを用いる方が同じ問題として繋がる。

・権利擁護を解っていても、ついブレてしまうことがある。すぐにブレを戻
 せるかが重要
  →どうすれば戻せるのか?

・権利擁護浸透の障害
①政策が同一の場所での生活や同一の障害でまとめ
 て実施するようにできているので、個に焦点をあててない
②経験が邪魔をして新たな取組みに進めない
③専門家が多く、利用者が意見を言う場所が無い
④現状を変えたくない親達がいる

・利用者が何を言わんとしているか権利擁護の要である職員が代弁して
 あげなくてはいけない個の権利のために権利実現できるネットワーク作り
 が重要である    


■2部:大田区立久が原福祉園 権利擁護委員会実践報告
・今回の講師がスーパーバイザーを行なっている福祉園の報告
※レジュメ通りなのでレジュメを参照して下さい

■3部:グループワーク
・自己紹介と今後のグループワークについて
・今後の詳細についての話が講師から無かったので、前年度のツールを見な
 がら今後について、憶測的な進行予定をリーダーから話されました

セミナーの感想:
 1部:権利擁護はもっと根が深く、色々な問題が絡まっていて即座に改善させるの
はとても難しい問題だと思います。ツールを使って現状を端的に表すことに
よって問題解決の糸口を探すということは良い案だと思いました。話しの途
中での、職員が利用者の権利を代弁してあげる点は、自分達の生活でもそこ
までは主張しないと思うことがあるように、全て職員の観点で主張してしま
わないよう、冷静な考えを持ちながら行なうのが重要であると思いました。

 2部:役員の経験年数が若く、異性に口中を覗かれるのが問題なので歯磨きを同姓
介助にしたい等頭が熱くなりすぎている点も見られ、話の内容も全体的に薄
い感じがしました。長年努めている職員との確執もあるような話もされてお
り、まだ本格的な表面化はしていないが、水面下で色々と問題があるような
感じがしました。モットーや取組み等、今後に繋がるもしくはそこに繋がっ
てくるプロセスが具体化されていなくスーパーバイザーに言われるままに自
分達の考えを入れずに、とりあえず行なっているような印象を受けました。
添付資料:研修1部及び研修2部資料                    
以  上


<< 2010年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログテーマ